東京に住む35歳のゴルフ好きコピーライターが考えるゴルフを120%楽しむ方法。

武市悦宏のツイスト打法で飛距離アップ!?

9876skitch_iphoto.export.skitch

武市悦宏さん(雑巾王子こと人気ゴルフコーチ)のツイスト打法

その極意は・・・

「カラダの正面で打つこと」

らしい。

シンプルですね。

「カラダの回転に一瞬ストッパーをかけることで、カラダの正面で打つ」
のが、ツイスト打法。

チェ・ナヨン選手(2010年のアメリカ女子スター賞金王)のツイスト打法 参考動画↓

 

カラダの正面で打つという意識は、森守洋さんや桑田泉さんに通じる考え方です。
カラダの正面でボールを打つのが、一番効率よく力を出せるスイングというわけですね。

「カラダばっかり先行して、クラブが戻ってきていない」
という間違ったボディターンの弊害。

武市悦宏さんも以前は間違ったボディターンに悩んでいたとのこと。
(プロなのに230ヤードしか飛ばず、しかもチーピン持ちだったらしい)

それが、ツイスト打法でスイングすることで1年間で100ヤード飛距離が伸びたんだと。

ツイスト打法のポイントは、
・インパクト直前で腰をターゲットと逆方向に回す
・手を返す
・ベタ足で振る
の3つ。

まず、バックスイングは「右折の動き(腕の付け根から右に回す)で、できるだけ速く上げる」。
(真っ直ぐ上げようとしないこと!)
また、バックスイングのスピードは、左打ちでスイングした時のインパクト〜フォローにかけてのスピードをイメージする。

次に、ダウンスイングでは「手首を伸ばしてから、左折の動き(腕の付け根から左に回す)をして、腰をツイストする」
この、手首を伸ばすという動きは、「自分の右斜め前にいる人に、剣道の面をやる感じ」とのこと。
そして、グリップが右足の前ぐらいのタイミングで、思いっきり手を返してクラブをターンさせる。

最後に、下半身について。
下半身は固定(ベタ足にして地面をしっかりとつかむこと)。

なるほど。
特に、この手首を伸ばすという動きは参考になる。
ツイスト打法なかなか良さそうです。
(森守洋さんや桑田泉さんのスイング理論とも相性良し)

⇒武市悦宏プロの代名詞「ヒザ立ち打ち」の動画はこちら

⇒武市悦宏プロ遠心力を語るin池袋でのトークレッスン会についてはこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人:鈴木taro〆

コピーライター

ゴルフ ブログランキング